2013年09月30日

セプテンバーの終わりと演劇

昨日は一日、風と共に去りぬに染められてました、ごまみんとです。
スカーレット・オハラのアカン部分が自分のことのように思えて胃が痛かったです。はい。

さて、ニシムクサムライってことで9月も今日で終わります。
この9月は恐ろしいほどに演劇に影響を受けて過ごしておりました。

9月2週目のCATHOUSE THEATERに始まり、第3週は神戸大学自由劇場の新人公演があり、そして、先週はサクゴエラボラトリー。

CATHOUSEでは久々に制作として公演に関わって、2年くらい前にたくさん勉強させてもらったことを生かしたいという我ながら自分勝手な感じでやらせていただきました。
その上、前説という形でネタまで披露させてもらえる場まで与えてもらって本当に良かったと思いました。
なにより、仕事をやりながら演劇をやっている後輩たちを一歩離れた感じで見させてもらって、別に仕事をやっているからといって自分のやることに無理やり意義をつけたりする必要は無いんやなとか色々考えさせてもらいました。

ジゲキの新人には今年はCATHOUSEのツテでワークショップをさせて頂いたこともありいつも以上にワクワクして見に行かせていただきました。
脚本が自分が初めて舞台に立った時のものと非常に似ていたことも有り、まぁ今から9年近く前のことなんか色々思い出しながら、初めての舞台に立っている人たちの技術とかそういうところではない爆発力みたいなものに思い切り吹き飛ばされまして、舞台に賭ける魂というものの大切さみたいなものを改めて思い知らされました。

そんなこんなで先週末にサクゴエラボラトリーを終え、本当にいろんな人に感謝するしか無いなと思いながら酒に酔って家に帰り、翌日仕事をしてからの2連休をのんびり過ごして9月を終えようとしています。

気がついたら今日で20代も残り199日。
人は何を始めるにも遅すぎることはないって言うけど、世間にはそんな言葉は通用しない。
人が集まって世間が出来てるんだから、きっとみんな心の中でそう思ってるんでしょう。
実際、自分もそう思ってるし、脳みそもカラダも細胞は一瞬一瞬で年齢を重ねていくんやし。

秋が終わると冬が来て春が来ます。

そんな当たり前がいつまで続くかわからんけどその当たり前が続くことを信じて一日一日を少なくとも自分が満足できるように進めていけたらいいなと思います。
posted by ごまみんと at 21:00| Comment(0) | TrackBack(3) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

人の目が気になります。人だから。

朝から走って水飲み過ぎて血液薄すぎてふらふらです、ごまみんとです。

先週と今週と演劇ってものに人生をガンガンに振り回された挙句に、いまちょうど山崎さんのブログを見てかっこえーなーとか思ってました。

ほんまならCATHOUSE THEATERとジゲキの感動をココに記したいんやけど、まだ心が燃えているから後回しにしておきます。


ここで書くのは「人と比べてばかりって悲しくない?」と言われた昨日の飲み屋の話。


僕は悲しくないです。全然。
"確かに人と比べてばかりの人って悲しい"と思う人もいるかもしれませんけど、わかって比べてるのとわからないで比べてるのでは大きな違いだと思うんですね、僕は。
人よりオモロイことをやりたいっていうのがエネルギーの源泉であるからには他の人が見えないとつくれませんので。
こうやって自分1人でブログを書いているのも自分が後から見るためではなくて、自分のことを見て欲しいから書くわけです。
後輩の芝居を見て、「あの初期衝動には勝てない」とか思って悔しくて負けへんぞって気分になって昨日も帰りました。
もちろん、恥ずかしながら「アイツよりマシなんじゃないか」なんてクソみたいなこと考えて安心してることもあります。
でも、人を不安にさせるのも安心させるのもほとんどは人が絡んでいるワケで知らんうちにみんな何かと人と比べてしまってると思うんですよ。
だからこそ人ってオモロイって言うか。

大学時代、寮の先輩に言われた言葉ですごく心に響いたものがあって自分の支えにしているものがあります。
「スタンスを大切にしろ」
寮っていうのは回生ごとにそれぞれの役割があるのでそのことを含めて当時五回生の先輩はおっしゃったのだと思います。
でも、自分がその環境においてどのように振る舞うかというのはどんな場面でも考え続けないとアカンと、やっぱり30を前にして思うわけです。

今年度で色々区切りはつけていきたいと思っています。
全部がプラスに昇華していけばいいんやけど絶対そんなこと無いし、全部がダメになることだってもちろんあるんですが、自分が納得行くものをどこまでやってもきっと納得しないだろうけど追い求めて行きます。

BGMに流れるガガガSPのアルバム、『卒業アルバム』。
自分の青春時代、なんにも記憶のない高校と今を繋いでくれる大事な音楽。
自己顕示欲の塊である私のソウルソング。
posted by ごまみんと at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | フライヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。