2014年02月24日

夢にしても

神戸と大阪ってやっぱり地の人と会うと雰囲気違いますよね。
そんなしょうもないことに今更気づきました、ごまみんとです。どーも。

夢を見ました。

まぁいわゆる寝てる時に見る夢なんですけど、
体外二度寝とか起きてしばらくしたら忘れてしまうもんじゃ無いですか。
それが起きてから半日以上経っている今でも覚えてるんですよね。今朝の夢は。
恐怖だったというか衝撃的だったというか。

夢の中の話ですよ。

僕はめっちゃ強かったんですね、ドラクエ的な感じで。
なんかあったらルーラで街と街を移動してました。
でも欠点があって、崖とか高いところから落ちた時に、
自分の意志ならルーラができるけど不意に落ちるとルーラできないってこと。
で、崖から"ジャンプしてルーラ"を繰り返していた僕は不意に足を滑らせて森に落ちてしまいます。
落ちたとこは僕の母校、御殿山中学校の裏山で、「ここなら歩いて帰れるわ―」と思ってたんですね。
そこに現れたのがこいつですよ。


gig.gif


ギガンテス。
ドラクエ5とかで仲間になるアイツです。
僕は勇者という設定なのでとりあえずぶっ飛ばしてやろうと思ったんですよ。
そしたらもうやたらめったらに強いの。
あの木の棒みたいなんで殴られたら数十メートル吹っ飛ぶんですね。
そんで、相手が見えなくなって「あー助かったなぁ」と思ってたら、そこに、

メスのギガンテスが来たんですね。

なんでメスか分かったかっていうと、
氷河期みたな服着てるじゃないですか、ギガンテスって。
それがパンツだけになってて、上はフロントホックブラを外して乳丸出しなわけですよ。
一つ目で3メートル近くあるモンスターが乳半出しで目の前に出てくるんすよ、恐怖ですわ。

「やばい!!逃げないと!」

誰でもそう思いますよね、僕もホントそう思いました。そしたらね、

求婚されたんすよ。

もうわけわかんないんですけど、反抗したら木の棒で思っきり飛ばされますから。
逃げようと思ってもMP足りなくてルーラも使えなくて。
しぶしぶギガンテス族の世界で生活することになりましたわ。

人間の世界では圧倒的な強さを誇っていた僕が、
完全にその力をもってしても立ち向かえない相手の世界で底辺にいる。
なんか考えさせられるとこはありますよね。

どうなったかまでは覚えてないけど、なんかいい感じに抜け出せたと思います。
ほんと、3mで一つ目ってホンマに恐いなってつくづく思った夢でした。
posted by ごまみんと at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | フライヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。