2016年10月15日

「怒り」と「オーバーフェンス」

最近は演劇よりも映画見てます。
ごまみんとです。


2本見てきた映画の感想を。
うまく伝えるのって難しいけど、二本ともおもろかったです。
オーバーフェンスのほうが好き。


「怒り」
2016年な映画だなという印象。
実力派の俳優陣を渡辺謙さんがさらに盛り立てる形になっててすごい。
ただ、沖縄ネタを混ぜ込んだ辺りが個人的には好かない。

携帯に出ないことでうける不信感が如実に今の時代を表してて、
不信の連鎖というか人を信じるのってこんなに難しいのかと改めて感じる。

しかも信用することができないという怒りが結果として自分に向いてくるという部分に
どうしようもなく苦しみを感じてそこに人間らしさを見てしまうんですわ。

今の世の中は信じてもらうことがこんなむずいんかと、頭ぶん殴られる映画です。


「オーバーフェンス」
なかなかつらい気持ちになる映画。
最終的には前が拓けた感じで終わるけど救われない私の心。

何でも受け入れることのできる人を見たとき、
自分の心の狭さを実感する。

オダギリジョーに投影しながらみてても
その瞬間にバチンと引き離されるような感じ。

蒼井優の体のさばきが素晴らしいんで見てもらいたいし、
スナックで二人の心が通うシーンは見ごたえがありました。

posted by ごまみんと at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ごまみんと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。