2011年05月25日

磯川家さんとはなんの因果かね

なんか体中がしっくりこないよ。入梅かと思うと洗濯物が心配です、ごまみんとです。どーも。

コメディユニット磯川家。
次の公演から休止だそうで非常に残念。
同世代で関西発で小劇場引っ張っていってくれそうだったのにね。

そんな磯川家さんから突然DMが。
いやいやそんな申し訳ないし。
まだ行った事ないのに来るわけ無いやん。

そんなこと思ってたら、前に住んでた人宛でした。
てことは、前に住んでた人には届いてないのよね。

だめじゃん!

というわけで、連絡待ち。
友人はチラシ作ってるし、
友達の友達は団員やったりするし。
不思議なご縁があるもんですね。

せっかくなので、次回公演の情報はこちらね。
http://www.isokawake.com/
posted by ごまみんと at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

まちぼらけ上京区

予定よりはやくついて暇つぶしないま。
Ustremerなごまみんとです、どーも。

『婚前特急』を見てきましたよって話。

吉高由里子にはまり気味なのでね。
もう可愛いなってだけの興味で見に行きました。
なかなかのゆるムービー。
 
相変わらずのぶっ飛びがちの演技がいいよね。
とりあえず可愛いですよ。かわいい。素敵。
相方の男の人がきもちわるくて素敵。
すんばらしいです。

映画館で是非!ってほどでもないけど
暇ならDVD出たときに。
借りたらいいんじゃないっすかぐらいの面白さ。

仮面ライダーよりはおもしろかったよ。

posted by ごまみんと at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

《今後の予定 2010》

ぴかぴか(新しい)《 12/23 更新 》ぴかぴか(新しい)

[2010年の目標]
感性をぴかぴかに磨いて、脳みそをしわしわにする。
(あと少しやよ!)

[ 12/23 現在 ]
当分未定。
メンバーは地味に募集中。

連絡先はコチラ。
info@tanzaku-stripe.com (ワタナベ)


《 短冊ストライプ 》

【イベント】
10月になにかやるかも…!?


【本公演】
未定
【サクゴエ・ラボラトリー】
未定。

《ごまみんと》
[Stage]

悪い芝居 vol.11 「キョム!」
本名で広報として参加中。


[WEB]
「育ち続ける等身大ウェブマガジン 84ism(ハチヨンイズム)」
ライターとして活動しています。
掲載記事はコチラ。

花粉症と日本の文化
ドキドキの向こう側に…
ハチヨン世代で最大の知名度を誇る横綱・白鵬関


posted by ごまみんと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

今週末までの出会い

足がしもやけかなぁ、と思ったらそうでした、ごまみんとです。

明日はクリスマスイブですね。
商業主義もここまでくると凄いなぁとおもいますよ。



はてさて、わたくし先日ですね舞台を見てきました。

悪い芝居『キョム!』

なんですけれども。
見てきてたよって言っても、
スタッフで関わってるんだから、
通しの段階から見てるわけで。

通しから何回も見てたらそりゃもう飽きるんだけども。普通は。
全然飽きが来ないって云うね。不思議なもんで。
話の筋がわかっている分、次がどうなるのかって毎回気になってるんですね。

こいつらは次何してくるんや、と。

お、君たちそう来ましたか、と。

なんかそういったワクワク感に浸りながら見れるんですね。
それは役者が不安定とかそういったものではなくて、
いうなれば客が違うから舞台も違うといった、そういう類のアンバランス感。
バランスが取れいるんだけども、そこで落ち着いたか、今日のバランス。みたいな。



わかんないけど。



とりあえず、悪い芝居「キョム!」

社会人になって3年間で一番オススメできる舞台です。
ちなみに、その次はSunday!「サンプリングデイ」です。
まだまだ、今の時点で6ステージ残ってます。
Twitterアカウントの@waruishibai や @gomamint へのDMでも
前売りチケットを取り扱ってるそうです。

ぜひとも。

精華演劇祭2010 AUTUMN/WINTER参加
京都芸術センター製作支援事業
悪い芝居 vol.11
「キョム!」

12/23(木) 15:00-/19:00-
12/24(金) 15:00-
12/25(土) 15:00-/19:00-
12/26(日) 15:00

@精華小劇場

前売 一般2500円 / 学生2000円
(当日は500円増)
中高生割引 3人1組 3000円

http://waruishibai.jp/kyom


posted by ごまみんと at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

御来場ありがとうございました。

短冊ストライプV『残心アンダーグラウンド』無事終了いたしました!御来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

公演の感想について何人かの方がブログを書いてくださっています。
近いうちにリンクを晴らせて頂、紹介したいと思っております。

なお、短冊ストライプの次回公演は一切未定です。
新しい方向性を模索していますのでもうしばらくお待ちください。

10月半ばに何かあるかもです。

ホンマに皆様御来場ありがとうございました!!


posted by ごまみんと at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

サンプリングデイ

sunday『サンプリングデイ』を月曜日に見ました。

うむ。

ネタバレあるので感想は後日。

時間があるなら多少お金厳しくても、見に行く価値あり。

日曜日まで。
posted by ごまみんと at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

明日は七夕

織り姫と彦星が一年に一回だけ逢える日ですね。
ロマンチック街道まっしぐらです。
さて7月7日限定で短冊ストライプは、



七夕割引



を実施致します。実施期間は、
2010/7/7(水)0:00〜23:59まで。
期間中にウェブもしくはメールで予約された方限定で、
前売料金が1300円になります!予約を迷っている方は是非!
ツイ割よりお得になりますよ!
予約される方は短冊ストライプのウェブサイトへ!

http://www.tanzaku-stripe.com/


[注意]
ウェブ予約の場合、システム上表示は1500円になりますが、
割引は適応されますのでご安心下さい。
ツイ割との併用はできません。ご了承下さい。
posted by ごまみんと at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

そうなんだけどね。

噛めば噛むほど。


キャッチコピーですわ。


ガムとかのね。



世の中。




噛めば噛むほど。





味が広がればいいけど、







実際には信用無くすよねって話。
posted by ごまみんと at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

マミーを知らなかった女

中学一年生の頃でした。彼女は僕の斜め後ろの席。
ふとしたトークに驚かされた記憶があります。
そう、彼女はあの史上最強のドリンク、森永マミーを知らなかったんです。

それからちょうど倍くらいの年数を生きてきました。
お互いが過ごした時間の違いは、
シアターBRAVA!の舞台上と客席という形で現れる。

ちゅーわけで、"ULTRA PURE"を見てまいりました。

まず思ったことは「これが商業演劇の形か…」ということ。
主演のV6・三宅くんを目当てに来ていた観客が大半を占めている客席。
それは個人ブログの感想を見ていても大いに想像できる。
芝居もそのファンを楽しませるような作りになっていて大変勉強になった。



それでは芝居の感想を。

めちゃくちゃいい席を用意してもらってた。
今後何回BRAVA!に芝居を見に行っても目の前が通路っていう、
すんごい楽に見れる席で見ることなんてないと思う。
ほんま、ありがとう。



ごめんなさい、芝居の感想ですね。

非常にわかりやすい舞台でした。
サッと飲んでパッと効く、新三共胃腸薬な感じ。
役者さんはといいますと。
三宅くんの演技に客席はどっかんどっかん。

「おいおい、全く面白くありませんけど!!」

ってDVDとかやったら間違いなくつっこんでた。
なによりね、頭のシーンで舞台から突き放されたんです。

演技下手すぎ。

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおい!!
って感じで最後まで見てましたよ。
君のセリフには感情がないなと。
掛布のモノマネやって笑いとってるんちゃうぞと。
そこそこ舞台にも立ってるようなので、あらぬ所でジャニーズの力を思い知りました。

その分、西ノ園さんの演技が光ってたんですね。
やっぱり舞台専門でやってる人は格が違うんやなと。
とはいえ、チャラ男の方も今ひとつ魅力を感じきれなかったっす。
笑いを取る間がビミョーに悪いし。
小屋が広いと役者の魅力は伝わりにくいもんなんでしょーか?

初舞台の女優さんお二人。
磯山さんがね、場転前にセリフを噛んだのよね。
んで、場転照明になった途端に素に戻って凹んでるんですよ。
もう一目でわかるくらいに。
アレは本当に許されるこっちゃないですね、というかびっくりしました。
これでプロなんやなって。舞台からまた弾き飛ばされました。
ドラマの撮影やないんやから、いくらなんでもあかんでしょうと。
そのあたりはプロデューサーからお叱りを頂いているはずでしょう。

で、大久保さん。
そつのない雰囲気でザ・お嬢様役なかんじでした。
個人的にはドラマよりも舞台のほうが向いてるんちゃうかなと、
今回の公演を見てなんとなく思ったりしました。
女優活動の活発化を期待したいところです。

音・照明・美術。
どれをとってもベッタベタ。
裏を返せば基本に忠実にしっかり作られてる。
場の雰囲気を大切にした演出でした。

なんしか、こんだけ役者に疑問符がつくのもどうかと。
つまりはこれが商業演劇なんだなぁと。
最初に記したとおりほとんどのお客さんが三宅くん目当てなんですね。
もうフィルターかかっちゃってて全て素敵に見えちゃう。
ただ、変に芝居かじっちゃった人から見ると役者の荒が多く感じる。
こういったプロデュース公演の弊害でもありますよね。

なんしか同級生が頑張っているのはいいことです。
初舞台なんか一生に1回しかないですからね。
その公演にいけてよかったなとほんまに思います。

ほんま、ありがとうございました!


posted by ごまみんと at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

動き初め

日付変わりまして1/31ですね。
短冊ストライプとしてのイベントなのかは疑問ですが、交歓会をやります。

「芝居に関わる人間が気兼ねなく集まって杯を交わす会」

[日時]
1/31(日) 20:00〜23:00

[場所]
ステージプラス http://stageplus.net/
最寄り駅 : 各線天王寺駅、近鉄阿部野橋駅
御堂筋線及び近鉄線、松崎口出口から徒歩一分

[料金]
2500円(飲み放題)



ほんまにただの飲み会です…。
凄い人が講演するわけでもなく。
むっちゃ有名な人が来てヘコヘコするわけでもなく。
芝居に対して何か思いを持つ人が集まってただ飲もうと。
そんだけのイベントです。

芝居交流を騙った合同コンパではありませんので悪しからず笑。

まぁ僕自身が色々悩んでいるように、
きっと皆さんも悩んでおられると思うのです。
話し合うことで解決策を見つけるとかではなくて、
もっともっと悩んでしまえばいいと思うんです。

とにかく、なにかいい出会いを提供できたらいいと思ってます。

もしお時間ある方で芝居への強い思いを持っておられる方。
こうなったら、当日の参加もオッケーです。
参加希望される方は会場に直接連絡をお願いします。

わー楽しみだ。



posted by ごまみんと at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

フローズンビーチ

ケラリーノ・サンドロヴィッチ!
バヴィッチ・ガバナヴィッチ!!

劇想からまわりえっちゃんをみてきた。
なんしか芸大関係の芝居を見る割合が増えてきた。
もっとちゃんと後輩たちの芝居に行けよ、アモーレ。

今日なんか、天王寺の歩道橋で「劇団カオス」って看板持った子がボーっとしてて、
きっと劇団カオスがロクソドンタで芝居してるんやろな〜とか思いながら素通りした。

そもそも、からまりえっちゃんすら見に行くつもりじゃなかった。
行くって決めたのは、たまたまステージプラスで飲んでたときのこと。
その場でばったり知り合ったから、ただそれだけ。
結局芝居行くか行かないかってそういうことだけで決まったりするんよね。
お蔭で大学時代の友人のマンドリン演奏会にはいけなかったけど。
ごめんよ、フレンヅ。

感想としては…

ステージプラスで芝居を見るのは初めてやったんですね、意外と。
ほんでまぁ、舞台と客席が近いのなんのって。
一番前なんか座ったもんだからほんま目の前に役者ですよ。
パーソナルスペースが広い僕にはなかなか精神衛生上よくない笑。

芝居自体は脚本がしっかりしている分、役者の技量で面白さが変わってくる。
このホンは数年前に関学の演劇グループSomethigがやってたホン。
そのときの役者陣がなかなかのツワモノだったのもあり、ハードルは上がってました。
結果としてはそれと同じくらいのレベルだったかなと。

むちゃくちゃ面白いわけでもないし、全然面白くないわけでもない。
あ、ケラの台本らしさが出てるなと思わせてもらえた。
ただ、以前と個人的に違ったのは台本への解釈。
Somethingの時は普通に笑ってみてたけど、今回は解釈も考えながらみれた。
最終的にカニバビロンが持つ役割だったり、目が見えるようになった意味だったり。
そこの奥に何があるのかなと芝居を思い出すたび考える。

奥の扉が外とつながっている設定だったのだが、
小屋の性質上、同様に奥の扉は本当に外とつながっていた。
ソコを開くことによる外気の流入が芝居にリアリティを持たせていたのは、
これは一本取られたなと、素直に感心させられた。



…はぁ。

上から目線で観想を言うことは誰にでも出来るんやよね。
ちゃんと自分にどこまで一つの芝居をからフィードバックできるかが大事。

げりろん、げりろん。

posted by ごまみんと at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

《今後の予定》

ぴかぴか(新しい)《 11/24 更新 》ぴかぴか(新しい)

[2009年の目標]
イベント5本,舞台本番2本,役者3回
最低限こなす。

10月までに奨学金を全額返済し、一人暮らしをはじめる。

[ 10/8現在 ]
イベント3本消化。
舞台は本公演がひとまず1本決定。
10月ですがまだ実家にいます。引越しは来年予定。
もうこれ以上スケジュールは増やせません。
目標達成ならず。

【短冊ストライプ】
[本公演]NEWexclamation×2
短冊ストライプ 冬
『イレギュラーバウンドの法則』
作・演出 ごまみんと

- 日時 -
12/12(土) 15:00/19:00
12/13(日) 13:00/17:00
< 開場は開演時間30分前 >

- 場所 -
ロクソドンタブラック

- 料金 -
当日1800円 前売1500円

- Web -
http://www.tanzaku-stripe.com/


[サクゴエ・ラボラトリー]
未定。

【ごまみんと】
[脚本・演出・出演]NEW
「インフィールドフライの法則」
12/12(Sat) 15:00 / 19:00
12/13(Sun) 13:00 / 17:00
@ロクソドンタブラック


[制作]
- 無事終了 -
CATHOUSE THEATER vol.1
「Fineplay!!」

Date :8/28(Fri),29(Sat),30(Sun)
Place : 神戸大学シアター300
Pay : Free!
blog :
http://blog.livedoor.jp/cathousetheater/
posted by ごまみんと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

ヒロプロの罠 as OBの戯言

大学時代の後輩から芝居をやるってDMが来た。
勿論日程的にアウトなんだけど、せっかくなんで封を開けた。

そしたらビックリ。

誰がこんなチラシの入れ方を教えたんだろう。
「挨拶文とチラシを一緒に折ってそのまま入れました!」
と言わんばかりの状態で入ってました。
制作に関しては在学当時に専門としていた部署なので、
こういう手を抜いた感じのことがあると一発で見抜けます。

ふざけんなよ、と。

後輩には一度も、
「チラシと挨拶文を一緒に折っていい」
なんて言った記憶はないし、チラシ数枚を一緒に折る事すら咎めました。
挨拶文を入れる場合に関しても、
受け取った側が中身を出したときに文字がちゃんと見えるよう、
封入するように教育していたつもりでした。
それ以前に、挨拶文の<御挨拶>の文字配置がよくないのですが。

ここ最近、所属していた学生劇団は集客が減り悩んでいるそうで、
部員から色んな声が聞こえてくるのを耳にします。
直接の集客に関係ないと思われるようなDM。
しかし、そこに対するこだわりを無くしてしまっているようでは、
芝居云々に関わらずお客さんは戻ってこないんじゃないかなと思います。
そんなにDM作業がめんどいならやらなきゃいいじゃんってね。
ほんまに舞台を見に来てほしいと思うんやったらそこで熱意みせなきゃ。

『客の心を心とせよ』

ミスタードーナツの事業理念です。
入部当時に今年結婚された先輩が教えてくださった言葉。
もう一度、その心を思い出して"制作"というものに携わってほしいです。
そして、短冊ストライプも同じく頑張っていかなければなと再認識しました。



以上、OBの戯言でした。

参考リンク :
学生劇団制作に告ぐ@

学生劇団制作に告ぐA

学生劇団制作に告ぐB

posted by ごまみんと at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

芝居見納めのはず

日曜日に芝居を見てきました。

イキウメ
『見えざるものの生き残り』

なんか第16回読売演劇大賞優秀作品賞、優秀演出家に選ばれたそうで。
選ばれたのは前の作品なんだけどね、『関数ドミノ』って作品。
ちょっと話題っぽいので前日に公演を知り当日券で行きました。

当日は行ったら満員御礼の立見席のみ。
しかも立って見てるのはワタクシ一人。

なに?新手の嫌がらせ?

とか思いながら、二時間ちょっと立ちっぱなしで見てました。
暗転の間に座ったりしてたんですけどね。
前の席にいた人、本当にスイマセンでした。

ちゅーわけで、ネタバレ感想。



あ、なんか芝居みてるな。と感じました。
関西の若手劇団とかがやりたいんだろうなぁと思うこと、
特に役者が出すオーラだったり空気だったりを見事に体現してました。
舞台もさっぱりした中にちょっとした構造物を出し入れ。
個人的に一番好きなパターンだけど、そこらへんもやっぱり演劇らしさ。

テーマもわかりやすく伝わってくるし、
芝居の最後で観客の疑問を丁寧すぎるぐらいに晴らしてくれます。

音楽とかそういうのでガンガン魅せるのではなくて、
役者の持つ空気と演出などなどでしっかり魅せてくれる舞台でした。
関西にはあんまりない作りの芝居だったので、
役者さんの地力の高さをビシバシ感じさせてもらいました。
恐るべし、東京。

個人的には前作の『関数ドミノ』の方がタイトル的に気になる。
ということはおいといて、また関西に来たら時間が合えばみたいなと思いました。

Cost :3800yen(立ち見のため)
CP満足度 : 83%

posted by ごまみんと at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

御来場ありがとうございました。


短冊ストライプ冬『イレギュラーバウンドの法則』

無事終了いたしました。

御来場くださいました皆様、ありがとうございました。



今回は第四回目ということで、

four

for

for you

fu yu



てな具合に公演タイトルが決まったわけです。
誰にも気付かれないほんの僅かな遊び心ですね。

色んな方々のアンケートなどを見せていただいて本当に参考にさせていただきました。
作っている側と見ている側のギャップというのは否応無しに感じさせられるなと。
何より一番演出と観客の意識のズレとしてあったのは、

「学生劇団」

っていう認識でした。
今回は演出の私としては、『社会人になってまでも芝居をする意味』に重点を置きました。
それは来ていただいたお客さんに対して、
何か普段の生活から感じにくいものを感じさせたい、といったものでした。
そう考えた時に自分がやりやすいテーマのがメディア(主としてテレビ)であったのです。
ただ、残念なことに私の力量不足によってそれがほとんど伝えることができませんでした。

しかしながら、「学生劇団」と勘違いされたことは大変不本意な結果です。
そのように認識された方の共通認識としては、
『芝居作りの荒さ』もしくは、『芝居に対する意識のバラツキ』なのでしょうか?
前者は私自身の個人的な問題であるのですが、後者はなかなか難しい。
いい加減、短冊ストライプとしてある程度のメンツを固められたらいいんだけど。
スタッフは集まっても社会人が多いとどうしても役者がつかまらないという問題。

次には少なくとも学生劇団なんて言われないようにしなければ。
大事な時間と金を使って、芝居なんていう非生産的なものをするんだから。



言い訳臭くなってしまいましたが、やはりあの出来には全く満足していません。
今回は本当に今まで以上に勉強させられることが多くありました。
この糧を次回に必ずや活かしたいと思います。

御来場いただいた皆様、そしてご支援していだいた皆様。
誠にありがとうございました。
次回以降もどうぞ宜しくおねがいいたしまし。

posted by ごまみんと at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

かむすーん

昔のチラシがほしくなってきました。
自分が出演してた頃の自劇のチラシ。

なんで捨ててもうたんやろ。

今回のチラシはちゃんと置いておかないとね。

というわけで!!

次回公演は既に今週末!!
テレビじゃ言えない、こんなことや、あんなことまで…。

チケットの準備はよろしいでしょうか?!
まだの方は急いで私まで連絡ください!
住所さえ教えていただければチケット送らせていただきますよヾ(@゜∇゜@)ノ

コメント、お待ちしています!

短冊ストライプ 冬
『イレギュラーバウンドの法則』
作・演出 ごまみんと

- 日時 -
12/12(土) 15:00/19:00
12/13(日) 13:00/17:00
< 開場は開演時間30分前 >

- 場所 -
ロクソドンタブラック

- 料金 -
当日1800円 前売1500円

- Web -
http://www.tanzaku-stripe.com/

- あらすじ -
舞台は昔ながらの雰囲気が漂う、もちむぎ商店街。
その寂れた商店街の一角には4年前に先進的な取り組みで話題を呼んだスーパーがあった。
店長である鈴木は街の活性化のために、商店街の"ヤラセ"の会長選挙を画策するが…。

短冊ストライプが疲弊した社会にお届けする、なんしか普通の人達の、ほのかに熱い物語。



posted by ごまみんと at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

はさみこみっくす

今日は久々に挟み込みなるものに行ってきました。
関西しか色んな制作さん総出で挟み込みしないんですってね。わお。
挟み込みさせてもらったのは、今関西で波に乗っている…

『突劇金魚』

っちゅー劇団さんでございます。
代表のサリngRockさんが、ものっそ美人なんです。
しかも、ココ最近のOMS戯曲賞とAAF戯曲賞を受賞されてる凄腕。
関西学院大学演劇グループSomethingのOB劇団さんですわ。

もうね、頑張らないとアカンと思いましたね。

挟み込みは久々すぎてペーパードライバー状態でした。
どうぞ抜いていってください、ぐらいな感覚で。
なんでみなさんあないに早いんですかね。ちょっと引きます笑。

なんしか本番まで、あと少し。
ぼちぼち宣伝していきまっせ!!



短冊ストライプ 冬
『イレギュラーバウンドの法則』
作・演出 ごまみんと

- 日時 -
12/12(土) 15:00/19:00
12/13(日) 13:00/17:00
< 開場は開演時間30分前 >

- 場所 -
ロクソドンタブラック

- 料金 -
当日1800円 前売1500円

- Web -
http://www.tanzaku-stripe.com/



短冊ストライプが疲弊した社会にお届けする、

なんしか普通の人達の、

ほのかに熱い物語。



posted by ごまみんと at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

なくもんか

映画見てきました。
日テレがガンガン宣伝していた…

「なくもんか」

三宮近辺の映画のタダ券があったのでね。
ふと映画を見ようと思ったので行ってきましたよ。
もちろん、ペアチケットなんで、ガールとね┐(´ー`)┌



んで、短めの感想。
女子と一緒なのにガッカリ感が噴出。
テレビ×映画の露骨なパブリシティ、日テレ得意のエコと家族のごり押し、消化不良の結末…
同じクドカンの『舞妓Haaan!』を見て期待した人にとって非常に残念な内容でした。
(gomamint の twitter より)

そして、もう一言。

テレビで十分!



では、ネタバレを含めた長いのは続きに。

( ´・ω・`)_|毒|~~ イカガ?




続きを読む
posted by ごまみんと at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

もうすぐなんですよ!

みなさん、もうすぐなんです!
そう、短冊ストライプの本番が!!

短冊ストライプ冬
『イレギュラーバウンドの法則』
12/12(土) 15:00/19:00
12/13(日) 13:00/17:00
@ロクソドンタブラック
¥1500(前売)

最低限の情報ですが、是非来てください。
ウェブサイト?いま作ってるところだから待ってね☆
posted by ごまみんと at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

村田堂本舗、解散。

村田堂本舗さんの最終公演、

『こども小宇宙を抱く』

本日千秋楽を迎えました。
同世代劇団の解散は悲しいものがあります。
村田さん、劇団員の皆様お疲れ様でした。



村田さんとの出会いは偶然。
短冊ストライプ制作スタッフH君の紹介だった。
一人芝居のイベントの出演者を探している時にぶち当たった人間。

小劇場に対する同世代の熱い思いを聞くのがほんまに初めてやった気がして、
彼の地元が富山県であると言うこともありなんかワクワクした。
過去の思い出から北陸の人に会うと心が弾むんですよ、わたし。



最後の公演は公開ゲネしかいけなかったけど、
今やってる芝居作りに対して前向きな思いを持つことができた。

『あ、芝居やってるとやっぱりなんか人の心に届くんやな』

お世辞無しにそう思わせてくれた最後の公演は劇団の旅立ちの印象。
それぞれが何かに囚われながらも一歩を踏み出す物語(違うかったらスイマセン)
劇団員の方々の今後を重ねあわさせられる内容でした。

ほんまに、お疲れ様でした。



短冊ストライプ代表
渡邊 真

posted by ごまみんと at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。