2013年03月15日

ウルユスというタイトルの芝居をやりました

花粉のせいなのか肌が荒れに荒れているごまみんとです。

もう春ですね、お久しぶりです。

 

さて、短冊ストライプの近況報告です。

先日ShortActBattle2013というイベントに出場しまして、

見事予選Bブロックで最下位を獲得致しました。



昨年は自ら主催する短編イベントで最下位をとった事もあり、

 

「芝居辞めてお前は黙って企画だけ考えろ!」
 

と言われているようで非常に心苦しい。

まぁその人らを見返すまでやめませんけど。

 

何より来て頂いた皆さまありがとうございました。

一言欄に「時間を返せ!」と書かれた方には

期待していただいてたのに申し訳無いという気持ちでいっぱいです。

 

また近々、私としては何かやる予定ですのでお楽しみにお待ち下さい。
posted by ごまみんと at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

iPhone5で撮影したドラマを見た技術的視点からの感想

新年早々Gizmodeで記事に上がっていたコレ↓

「iPhoneだけを使って撮影されたテレビドラマ『だんらん』」
http://www.gizmodo.jp/2013/01/iphone_424.html

を見てすげーなと思ったら放送時間ジャストだったのですぐテレビをつけました。

フォーカスの取りかたとかどうやったんだろうとか、
すんごい色々気になることはあるけれども言われて気づくぐらいの中身でした。

性能的に頻繁にズームとかスピードのあるパンとかが出来ないけれど、
置きの絵ばかりでも成り立つような脚本だったこととでそこまで苦にはならなかった。
製作者の方々がその苦労を予告映像で語っておられます。



ドラマとしてもしっかりしたホームドラマになってて関西弁の行き交う感じが
世界に入り込みやすくてとても面白かったです。
村上ショージとオール巨人の二人のストレートな演技が、
なによりも世界観をつくっていて見ててちょっと感動しました。ほんとに。
NMB48の子達もそのまんまやから違和感がない。
違和感がないことほどドラマを見るときに大事なことはないです、ほんと。
感覚的に自分に役を落とすことができるということの大切さを凄く感じました。

タイトルに戻って技術的な面では普通の人が出来るかってなるとそうではないですね。
あくまでもiPhone5を使ったのは”映像撮影のみ”だということです。
それに伴う集音は別マイクで行ってましたし、照明もバンバンたいてました。
きっと色の調整もMacのソフトで行いながら撮影していたかと思います。

プロの技術、機材や技量の面をもってして作られた今回の作品ですから、
この記事を読んで「やろう!」と思って一朝一夕にできるもんじゃありません。
ただ、iPhone5のもつ可能性と関西テレビの冒険心を見せ付けられたということは、
否定できない事実であってほんまこういうのん大好きです。

個人的には、ソフトバンクさんからいくらほどお金を調達できたのか。
ここも気になるところではあります。
posted by ごまみんと at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

2012年を振り返ってみる

2013年の三が日も終えようとしているのでざざっと振り返って見たいと思います。
お供は先日買ったカルピス。本日はホットでいただきます。

ばーっとposterousを見返して思ったのは、
自分が予想していたより色々やってたんやなってことです。

2月には初めての沖縄に行ってゲストハウスに。
3月には人生初めてのフルマラソン。ネットタイムで3時間38分58秒。
4月は誕生日に初めての高野山へ。写経、写経、精進料理。
5月は久しぶりの舞台に。
7月は香川県。金比羅さんに行ってきて、さぬきうどん食いまくり。

おもったより色々やってた前半。
コレに加えて、サクゴエラボラトリーと悪い芝居もやってた。
仕事も野球中継があったろうからそこそこに頑張ってたんだろうな。

そう考えると後半は鈍化した印象。
ベトナム旅行に行ったぐらいでこれといっておっきなことは出来なかった。
その鈍化を今でも引きずってるのでとりあえず払拭したいよね。

仕事について思いのほか考えた一年だった気がする。
転職活動の為に福岡に2週間で3回行ったり、インターンシップで色々考えることがあったり、
Co-workingスペースをやりたいと思って中崎町の借家を見に行ったり。
とりあえずこのままじゃ転職もできないってことでちゃんと資格の勉強も。

何かをしないといけないって言う状況から解放されると、
一気にエネルギーが失われてしまうのが僕のようで。
今年はもっと将来を通してでもVisionをもっていかないといけませんね。

とりあえず、一陸特。
あわよくば、一技。

ネットサーフィンを減らします。
新しいことを10個はしたい。

今年も1年よろしくお願いします。
posted by ごまみんと at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ごまみんと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

ひと段落ついたのはいいんだけど過眠症気味でブログ移転したい。

空堀商店街で福引きしたら1,000円当たりました。
へんなところで運を使ってしまう、ごまみんとです。

ひと段落着きました。
何がひと段落着いたのかといいますと、

・神戸マラソン
・高校ラグビー
・mashtalk!!

この三本立て。
最後の一本でなかなかハート(と財布)にダメージを受けた後に、
上の二本で体力的にノックアウトされてしまいました。

その反動かわかりませんが最近全く起きれません。
遅くても8時には布団から出ていた男が9時がアベレージになってます。
いやはや本当にまずいでござんす。
人間目標が無くなったらなんとやらですが、本当にダメ男です。改善します。

今日は休みだからって10時まで布団の中にいてそれから10kmランニング。
晩御飯は豚汁にするんだって半ば決め込んでたもんだから、
ちょっと足を伸ばしてこんぶ土居で10倍昆布だしを購入。
諸々買って商店街の抽選券をもらったらまさかの1000円が当選。
知らぬ間に充実した休日になってました。

まぁともかくブログを移転したいなぁとぼちぼち。
大学3年くらいから続いてるもんだからかれこれ6年ほど。
一応seesaaにもブログランキングってのがあるんだけれども、
その中の、劇団/俳優/女優っていうカテゴリで243249本のブログの中、
107位という月一のカウントダウンTVにあと一歩のところを延々さまよっている有様です。
もうそのベストテンですら誰かわからないような人たちの巣窟でして、
一切このあと一歩感を喜べる状態ではないわけです。

そんなわけで、どっかに移転したいです。
やはりwordpress導入の流れかしら?


posted by ごまみんと at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ごまみんと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

一週間きっておるがな

日曜日が出勤で月曜日が休み、ハッピーごまみんとです。

さて、mashtalk!!まで1週間を切ってしまいました。
事前予約などのフォームが無い分、どれだけの方が来るのかはわかりません。
そもそもどんなイベントかといいますと、

『自分たちがそれぞれオモロイと思うことを持ち寄って、発表しあってワクワクする!』

という、なんともアバウトなイベントです。
喋りたい人が喋って、聞きたい人は聞く。
全員が喋らないといけないわけではありません。
もちろん、年齢性別は不問です。

みなさんの好奇心と五感をすこし外に向けて、明日がちょっと面白くなればと思ってます。

興味がある方はサイトをのぞいてみてくださいね。
行きたいって思われた人はメールとかもらえたら嬉しいです。

-- mashtalk!!OSAKA 開催概要 --

[日時]
2012年11月17日(土)19:00-21:00
18時30分〜受付

[場所]
KANDY LION
Address: 大阪府大阪市北区中崎3-5-14
http://www.kandylion.com/Guide-in-hall.html


[Artist]
藤村江李奈(ソプラノ歌手)×内藤典子(ピアニスト)
体現集団 天憑
かのうとおっさん

[参加費]
1,000円(ドリンク代別・ワンドリンク制)

[年齢制限]
なし。

[定員]
80名

[懇親会]
mashtalk!!終了後会場にて。 2,500円(1時間・ドリンク飲み放題)

[WEB]
http://84ism.jp/18068

Facebook もありますよ。



posted by ごまみんと at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | フライヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

どんかぶり演劇祭という悲報。

歩き方自体が筋肉使いすぎてるって注意されました、ごまみんとです。

ぼくはなかなかブログでタイムリーなことは書かないのですが、
今回は珍しくタイムリーでいま起こってますよ、的な内容です。

昨日の金曜日から大阪では、

どんかぶり演劇祭

don.jpg

なるものが開催されております。
これはSunday!のウォーリー木下さんの呼びかけで、
「いくつかの劇団の公演が被っているからUstreamで宣伝しよう」
となって気づいてたら始まっていた演劇祭だそうです。
(参考URL : http://blog.livedoor.jp/kittplay/archives/19405912.html)

ウォーリーさんはボクが所属していた、というか演劇というものを始めた
神戸大学自由劇場の先輩にあたるわけで多分うちの部活のOBでは、
いま一番関西の小劇場というフィールドで活躍しているのではないかという先輩です。

このイベントを聞いたときは、
「ついにどっかの劇団がやったのね!」
と、自分がやりたくて実現できなかったことが目の前に起こって、
悔しい気持ちとすんごいワクワク感がありました。

関西小劇場の制作の人って変に壁なんかつくっちゃって、
もともと少ないパイのお客さんを奪い合うというぐう畜っぷりを見せてるのですが、
もう被ってるからしゃあないよ!っていう開き直りで、
逆に全部来ちゃいなよ!っていうノリがようやく現れたこと、
というか実現されたことにぼくは喜んでおるところです。

きっと個人的にはそういう動きが今まであったんだろうけれども、
それをウォーリーさん、がっつり活躍されている方が他に声をかけることで
ようやく実現に至ったというあたりが、悲しいかな、
他の若手のガツガツ具合が今までなかったのか、
もしくは先輩方が聞く耳を持たなかったのかということを邪推させてしまうわけです。

まぁ勿論このどんかぶり演劇祭という素晴らしい企画をもってしても、
この企画が実際もたらした結果というのが比較対象がないから、
客観的に見たときに企画自体が成功か否かを判断できないのが悲しいところ。
それでも、劇場間の移動方法(ちゃんと電車賃も書かれている)だったり、
ハシゴしてきた旨を伝えたら演出が出来る限りのことをする、
などただやるだけじゃなくて、ちゃんと詰められてるのが勉強になります。
偉そうなことを言える立場では一切ないけれども、
制作ということに携わる人はこの事例をちゃんと勉強しておくべきである。
っていったらそのまんまパクる人とか出てくるわけだから怖いなと思うんですけどね笑。

悲しいかな、演劇なんてのはあくまでも娯楽だと思いますし、
普通の人なんかその存在があることすらわかっていないというのを
もっともっと制作者が感覚的に把握しておくべきだと思います。
どんかぶり演劇祭もこの一般社会との距離感を打破するという点から見ると、
やっぱり十分ではないんやろうなという感覚を受けます。

そんなことないわ!とかコレを読んで思ってしまう小劇場の人は、
自分がVリーグとかJBLの試合を見に行くかってのを考えてもらえればいいです。
二つとも知らない、ってなったら、それが演劇に来ない人の感覚ですよ。

どうせ制作をやるならその壁をすこしでも壊したいなと思う僕でした。

全然無力で力にもなりませんけど、mashtalk!!ってイベントを次の土曜日にやります。
年齢性別関係なく参加できるトークイベントなんですけど、
キッカケ作りの場ですのでちょっとのぞいていただけると嬉しいですね。
posted by ごまみんと at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

御堂筋kappo2012と水都大阪フェス2012に行ってなんとなく感じたこと。

朝から7kmランニングしたにもかかわらず、
結構ガシガシ歩いて相当疲れました、ごまみんとです。

寝て明日の朝になったら忘れてそうなので、
酒を飲んだ割には感覚がしっかりしてる今日中に書いてしまいます。

タイトルにあるように今日は休みが取れたので2つの大阪のお祭りに。

『御堂筋kappo2012』

『水都大阪フェス2012』

水都大阪→御堂筋kappoの順でぐるっとまわってきました。
歩き疲れていたゆえに、そんなにじっくり見学したりはしてません。
でも、ぐるっと、さらっと回るだけでなんか空気の違いみたいなのを感じました。

水都大阪はテーマが【水辺のまちあそび】
遊びに来てる人たちと出店している人とパフォーマンスしている人たちが、
楽しもう!っていう感じになっててなんかわくわくしました。

御堂筋kappoは【新しい私に、新しい大阪に、チャレンジ!】がテーマ。
でも、そんなチャレンジ的な要素って言うのはあまり感じなかったし、
こうやって文章を書いていると、「そのテーマ、いる?」って思うぐらいです。

そんな感じで2つの違いをなんとなく感じたんですが、
いくつかに焦点を絞ってその原因を探りたいと思います。



1.コンセプトの掘り下げ方

はじめに両方のコンセプトを比べてみます。
まず、水都大阪フェス2012(以下、水都)。

「めぐる、楽しむ、つなぐ」という三つの視点の水都プログラムに府民市民が積極的に参加することを通じ、
互いに楽しみを分かち合い、水辺を使いこなし、水都大阪に愛着を持つ環境を創造することを目的としています。

なるほど、ボクが感じたのはあながち嘘ではないですね。
続いて、御堂筋kappo2012(以下、かっぽ)。

新しい私に、新しい大阪に、チャレンジ!

…これ以外に書いてありません。
御堂筋を半日間封鎖するにしてはあまりにも薄いんじゃないかと素人目にも感じてしまいます。
水都の方は先ほど紹介した文章に加えて方向性などもちゃんと示されていて、
イベントをどうしたいのかというのが伝わってきます。
まぁ勿論、【普段歩けない御堂筋を歩く】という面白さはあるのですが。



2.環境とお店、客層

水都は場所が中之島公園ということもあり、なんとなく気分も明るくなります。
出店している店舗も普通の屋台のお店に加えて、
お洒落な移動販売車が何台もあり見てて楽しくなりました。

かっぽはその分周りがオフィス街ということで閉塞感を感じたんかなぁと。
その閉塞感に輪をかけているのが、物販店のテント。
いわゆるイベントでよくある青と白の三角形のテント。
日本各地の物産品を売りに来た方々や大阪のいい品物をアピールする方々。
どこも結構人を集めていたんだけれども、なんか勿体無く感じました。
青と白のテントが『テント枠を販売しました感』が強くて強くて。

あと、なんとなくですが水都は若いカップルや家族連れが多く、
かっぽは熟年夫婦など比較的年齢層が高く感じました。
内容的にもターゲットにうまいことフィットしてたのかなと思います。




また今度、続き書きます。
お楽しみに。ボクが忘れないことを祈って、とりあえず寝ます。

つづく。




posted by ごまみんと at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非社会派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

mashtalk!!というイベントをやります。

BIGBOYでランチにご飯食べ放題なんか付いてたので、
調子に乗ってサラダバーなんか頼んでしまったら胃が重くてしかたないです。
昼飯に922円とか贅沢した気分です。
 
さて、先日のエントリーでお伝えしたとおり、イベントを行ないます。

参加者が1人5分の持ち時間の中で会場の観客を楽しませたり、
自分の興味のあることを語っていただきます。
もちろん、聞きに来るだけでもOK!
その名も、
logo.gif

実はこのイベント、既に東京で3回行われております。
第1回と第2回のイベントレポートをご紹介しておきます。

第1回イベントレポート

第2回イベントレポート

今回は関西での初開催であることに加えて、
関西で活動する人たちによる様々なパフォーマンスを用意しております。
 
来場していただいた方々が自分にとって新しいものを感じられたり、
仕事や趣味、普段の生活にフィードバックできる何かを得ていただければと思います。
 
パフォーマンス部門においての出演者などはこのブログで随時報告していきますので、
ぜひとも足を運んでいただければと思います。

もし興味をお持ちいただけましたら、
gomamin.tooows@gmail.com
までご連絡くださいませ。ご質問等々回答させていただきます。


 
【イベント詳細】
 
mashtalk!! OSAKA

[日時]
2012年11月17日(土)19時開始、21時終了予定
 
[会場]
キャンディライオン
大阪市北区中崎3-5-14
 
[料金]
前売・当日 1,000円(1drink制・ドリンク代別)

終了後、懇親会あり。

[問い合わせ]
gomamin.tooows@gmail.com

posted by ごまみんと at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ごまみんと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

イベントやります。

最近は朝に果物を食べるのがマイブームです。
おかげさまで柿をむく速度がちょっとはやくなりました、ごまみんとです。

さて。

10月に予定していた短冊ストライプのイベントが中止になりました。
出演者を公募で集める、という名目上、
直接誰にも声をかけないでいると気づいたら人が集まらなくて、
あっけなくイベントは水に流れてしまいました。

しかしながら、問題はホールの方です。
11月17日(土)に押さえていた会場。
無理行ってあけてもらったためにキャンセルなんて出来ません。

結果、ひとりでイベントをまわすことになりそうです。

今まで相方に仕事を任せていた部分も自分でやらないといけないし、
なにより考えを相談できる相手がいない。というか、しにくい。

イベント自体は既に東京で3回行われているものということもあって、
細かい部分までつめれていると思うのでそのノウハウをしっかりもらいたいですね。

内容は自分の意見をみんなに聞いてもらうための場、とでもいいましょうか。
あと、せっかくなんで何組かパフォーマンスで出ていただこうかなと思ってます。

普段のつながりが無い部分を一箇所だけでもつながればいい名と思いながら、
イベントの詳細は今週末の発表を予定しております。
posted by ごまみんと at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ごまみんと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

今岡引退。

今朝はめて柿を自分でむきました、ごまみんとです。朝起きたときは冬が来たみたいやったね。

さて、先日。っていっても少し前になるけども、
元・阪神タイガースの今岡誠選手が引退を表明されました。
まずはじめに今まで本当におつかれさまでした。

今岡選手は宝塚市出身でボクが野球を始めたときに
一番身近に感じていたプロ野球選手でした。
というのも、小学校時代のチームがおなじ宝塚市の軟式野球チーム。
小浜タイガースというところで今岡選手は野球を始めたそうなのです。
ぼくが野球をはじめたのは小学校五年生。
ちょうどそのタイミングで今岡選手は阪神に入団されました。

当時ぼくが所属していたキングタイガースという野球チームの監督が、

『今岡は小浜タイガース出身やったからな、そのうち会わせたる』

という話を聞かされてガッツリ阪神ファンだった僕はほんとうにドキドキしました。
結局、入団間際ということもありあえなかったのですが、
それ以降、野村監督の下で苦しい思いをされていた時代から、
今の阪神人気のキッカケともなる03年、05年の優勝まで、
僕の中でひときわ存在感を放ち続けておりました。

今後の活動はまだ発表されてませんが、まだまだ応援しております。





posted by ごまみんと at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。