2012年08月15日

夜を駆ける

色々やることが詰まってた日々から解放されて、なんか中途半端な休みを過ごすことが多いです、ごまみんとです。

ランニングをし始めて3年が経とうとしている今日この頃。
出社時間が遅いということもあって基本は朝にランニング。
ターザンなんかも時々買って体絞りに気合を入れてみたりしてます。

で、昨日は今朝が雨かもしれないってのとに日にちが開いてたので、
夜、仕事終わりから走ることにして走ったのです。
身体が軽くてぐんぐん走れまして、こりゃあなかなかの速度が出てるぞ、なんて。
6kmぐらい走ってその結果を見たら驚きまして。
朝走ってる方がだんぜん記録が伸びてるわけですね。

体感速度としては圧倒的に夜の方が早く感じるのに、
実際の速度では完全に負けている。
周りが暗くて見えなくなることで錯覚に陥ってるのかしら。

仕事をどうするか悩んでて大学の同期とかおとんに話を出してみて。
決めるのは結局人ではなくて自分しかないのです。
自分を納得させるために人の話を聞いて考えを固めていくのです。

周りが見えなくなってるので走っているような錯覚に陥らないように。
気をつけて意識して一日を無駄にしないようにしたいですね。


posted by ごまみんと at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ごまみんと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

Think,think,think

人生の岐路に立っている気がするよ。人の意見を聞かないとね、自分の考えを確かにするために。
悩んでいるうちに書いておかないと、ごまみんとです。

さて、ただいま考えにふけっております。
そして、自分の力のなさに呆然としています。
会社で与えられた仕事が出来ても会社なくなったら何もできひんやんって。

まぁほんまならそれで別に構わないんですけど、
踏み出そうと思っているフィールドではそう簡単にはいかない。

そもそも。
いま自分のおかれている環境が甘ったるくて、
わかりやすく言えばカフェオレにシロップびったびたに入れた感じで。
自分が持っている力量って言うのが正直ハッキリわからない。
わからないってことは力量が無いって言うことと同義だと思ってて。
専門的過ぎて普通の仕事に対して応用できないのが悲しすぎて。

だからって別の場所に飛び出そうったってうまくいくのかどうか。
飛び出そうって思ってるのは俳優の世界みたいに収入が確定されていない社会。

今んところにいたら、深く考えなくてもお金が入ってきて、
勝手に年を取って、コンパに行って、女の子と知り合って、結婚して、
気づいたら子供がいて、いつしか人生が誰の為かわからなくなって。
それも悪くは無いと思うんです。きっとそうなったらそうなったで幸せ。
いつまでも人と違うのなんか求めてても人生成り立たなかったら話にならない。

でも、それじゃあ悔しいなと思う自分がいます。

そうやって悔しい自分を押し潰して世の中の人たちは働いているのかしら。

少なくとも僕の会社の人たちはどう思っているのかしら。

人に話を聞いて、自分なりに考えて、答えを出したいと思います。
金沢をやめて神戸に来たときとはまた違う分岐点。
政治もしょうもないことでドンドン暮らしにくくなってきています。

考えて、

考えて、

ちゃんと答えを出したいと思います。
相談、させてくださいな。



あ、10月の短冊ストライプのイベントは予定通りにやりますからね。


posted by ごまみんと at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ごまみんと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

「ラッキーセブン!」という名のイベント

こんちわ、ごまみんとです。危うく自分の名前を書きかけました。アイデンティティはどこへやら。

さてさて。

明日はサクゴエラボラトリーvol.7『ラッキーセブン!』ですね。
去年の9月に思いつきで言ってしまったイベントが遂にひと段落です。

http://tanzaku-stripe.com

同じ名前のイベントは1人芝居をやって、
お客さんにマジでダメだしを書いてもらう内容でした。
それがマジ過ぎていい糧にはなるけれども、
『好き嫌いで文句言われたら元も子もないわ!』ってな感じで終わってました。

それで今回。
参加しやすいようにって二人芝居にして、
お客さんが投票して一番好きなところを選ぶって内容にしました。
で、予選と本選にわけて、一番客受けがよかったところに7万円。



7万円っすよ。



いま考えてもアホかと思います。
主催側2人で全部折半ですからね。

そんなことは置いといて。
1,3,5月の予選と明日7月22日の本選で一つのイベント。
それが一区切りつくってことでなんか変な感じです。

お互いの仕事前に打ち合わせをして、
それこそ喫茶店なんかでモーニング食べて。
で、夜に集まってまた打ち合わせしたり。
いやはやあっちゅーまでしたね。
明日なにより来てくれたお客さんが楽しんでくれたら嬉しいです。

芝居を見るっていう敷居を出来るだけ低くしたんで。
今回はちょいと高いかなーと思いますが、Facebookで予約するとお得だし。
(まぁ〆切は明日の朝9時だけど。)

なにより、これ読んで興味ある人は来てください。
夏の雰囲気でお待ちしております。

公演情報です。

日時:7/22(日) 17:00 / 20:00
(開場は開演の30分前)

料金(前売/当日共に) : 1,980円(1drink付き)

会場 : Vi-code
(阪急中津駅下車。線路沿いに北へ徒歩3分) 
地図はこちら

出演:
かのうとおっさん
劇団レトルト内閣
四月馬鹿同盟
東京ガール紅組
イッパイアンテナ
NUMBER 3
L3(えるきゅーぶ)

詳細:
http://tanzaku-stripe.com


中崎町のニューMASAにて。


uchiawase.jpg続きを読む
posted by ごまみんと at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

鹿殺しの効果測定を勝手に考える。

カントリーマアムで満腹感、ごまみんとです。

Comin'KOBE12に行って参りました。5月5日の話になります。これを書いてるのも5月5日。
なのでこの記事が公開されているいつかには、
今考えていることがというか結果がコロと変わってるかもね。

さて。
このComin'KOBEってのは神戸で行われる無料のロックフェス。
前身のGoingKOBEから数えて今年できっと8年目。
阪神大震災からの復興をアピールするために始まったのです。きっと。

まぁこのイベントにですね、鹿殺しRJPが出てるのです。
今年できっと3年目くらいになるんかな。
これについてちょっと考えてみたわけ。
(ホームページを見たら2006年からでてました…この後の話の展開が…)

1年目からずっと神出鬼没ブースってスタンスでやってるのですね。
最初の年はほんまにいろんなところでやってたみたいですが、
去年からは神戸夙川学院大野外ステージの真ん中になってました。
んでもって毎年結構お客さんからの評価がよいのですが、
今年はイベントの名前も知れてきたということで、昨年の倍近くの観客。
お客さんの中からも合いの手を入れる人がだいぶ多かったです。

流れとしては、パフォーマンス→物販&DM希望者へのアプローチ
といった感じのシンプルな流れが毎年です。

このイベントで鹿殺し(以下、鹿)が持っているアドバンテージが、
他の団体と違って何回もステージを持てること。
これが非常に大きい。
ステージの入れ替えの際にパフォーマンスをするという形式なので、
見たいバンドが重なっていたり移動してきたタイミングで目にするというのが
鹿に対するファーストコンタクトになるわけである。
それを何回もやるので見るつもりがなくても、
バンド待ちや別会場へ移動する際にまた鹿を見てしまうわけである。
今回もTwitterのTL上を"鹿殺し"で検索してみると
数回見たという人が何人かおりました。

また元々が路上パフォーマンスという1つのパッケージになってて、
同じ内容が繰り返されるため見てる側にとっても覚えやすく、入ってきやすい。
しかも昨年と内容をほぼ変えずに行っているため余計に。
そのために合いの手などが入れやすくなり、
もとからいる人も増え、人が集まってるからそこに人が集まるという現象が起こるわけです。
またロックフェスという非日常的な空間で
来ている人たちが好奇心に忠実になっているということも大きい。
日本人特有の"恥ずかしい"という感覚が薄れてそこにいられるわけですね。
もちろん東京に物凄い気概で向かっていってそれを乗り越えたからこそ、
で、あるわけなんですけれども。

ではでは本題。
じゃあこれが演劇の公演になったらどうなるんだというお話です。

ボクが見てたときにいわゆるDM送り先に名前をかかれていのは
観客約100人弱の中、大体5〜10人程度。
きっと1日で40人〜50人くらいの方に対してアプローチを送るチャンスを得たわけです。
このDMが送られてきた今日(5月5日)の観客の方々は
その1割ほどでも劇場に足を運べばいいところだと思います。
すごくその数字の根拠は無いわけですが。

というのも、バックグラウンドとしてComin'KOBEは無料のイベントであり、
いったことがある方はなんとなくわかるかと思いますが、
年齢層がいわゆるロックフェスに比べてだいぶ若いです。
それこそ20代前半や10代くらいの人が多くて、
拙者のようなつい最近28歳になったような人はほぼいないでござる。
つまりは殆どが学生のような『お金をあまり持っていない世代』になります。
いや、正確に言えば『お金の自由度が少ない』といった方が良いかもしれません。
そういった人たちにとって鹿のチケットは、"ちょっと高い"のです。
しかも、紀伊国屋ホールに進出するぐらいのどでかい劇団になったので、
一般の音楽ライブチケットの約倍近くの値段を払うことになるわけです。
それが初めての演劇なんてなったら手を出したくても怖くて出せない。
関西で演劇を見たことある人で鹿殺しを知らない人なんてもぐりに違いないですから、
(このあたりはボクの偏見がありますが)
そんなこんなで1割ほど、5〜6人くらい劇場に来たら素晴らしいなと考えてるわけです。

でも劇団の運営やプロモーションに関しては効果絶大。
パフォーマンス後の物販もガンガン売れ、
いやもう正直他のバンドの物販よりも売れたんじゃないくらいの勢い。
あくまでも遠くから一回だけ見てた感想なんですけど。
そんなことよりもTwiiterでのリアクションですよ。
いっぺん"鹿殺し"で検索してみてください。
(検索したら5月5日まで遡ってね☆)
ボクは演劇団体の感想がここまでTwitter上で名前が挙がってるのを知りません。
それは演劇の感想っていうのがなかなか見てスグ感想を書くって状況に無いのと、
(芝居のテイストに左右されるし、アンケート書いたりしてたら、ね。)
ライブパフォーマンスに対する感想が直感的であるっていうのがあります。
もちろんその内容を見ると演劇は密なものではあるが、
ライブパフォーマンスの感想なんてぺらっぺらである。
ただ、その時間的な密度と拡がり具合は圧倒的に前者なんだなと感じました。

まあだからなんなんだという話なんですが、
今の人たちの共有したいという思いはやっぱりテンションが上がるとそれが上がるわけで、
(会場で全員にREDBULL2本も配ってたもんね)
そうしたい気持ちにさせるパフォーマンスをした鹿殺しはやっぱり凄いということですね。
ぼくは未だに見たことありませんが。

なにより今回のComin'KOBE12での鹿殺しRJPのパフォーマンスを見て
1人でも多く演劇初めての人が劇場に足を運んでもらえることを
ぼくは大阪の中崎町でひとりでちょっとわくわくして待ってます。

どうせなら小劇場から入って欲しいんだけどね。
posted by ごまみんと at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

初めてのフルマラソンを3時間45分くらいで走りきれたまでの流れ

ちわっす、ごまみんとです。今日で東日本大震災で1年ですが関係ないこと書きます。
先週、篠山で初めてフルマラソン走ったので、そのことを。
別にむちゃくちゃ速いわけでもなく、
少し運動してる人ならスグに目指せるタイムなので参考になれば嬉しいです。


まず参加した大会は第32回篠山ABCマラソン大会。
関西ではだいぶと伝統がある大会で、
朝日放送でダイジェストが放送されることでも有名です。
また、足きりが厳しく完走が難しいというのも有名だそう。

まぁでも3時間45分で完走するならまず関係ない話です。
ちなみに私のタイムは、
グロスタイム…3:45:16 ネットタイム…3:38:58
という結果。
グロスがスタートした時刻から、ネットがスタート地点を通過した時刻からのタイムです。

なぜ走ることをはじめたか。
ランニングを始めたのが2010年の8月ごろ。
自分が演出する舞台に出演するための体力づくりの一環でした。
もちろんその時はマラソンなんか微塵も考えていません。

また、舞台といっても仕事の合間に趣味でやるようなもの。
そのときは、週に2回ぐらい2kmほど走って満足しておりました。

時間を意識する。
公演終了後、会社で参加する明石リレーマラソンへのお誘いがありました。
42.195kmを20周リレー方式でつなぐというもので2009年にも参加。
2年連続の出場ならタイムを伸ばそうと思うのが私の性。
応援する社員の女性なんかにもいいとこ見せれたら悪いもんじゃない。
そう思って走るようになりました。

内容は夜に天神橋筋商店街を中心に4kmとかを週二回ほど。
場所はたまに6kmとか走るとやったったなと思うようになりました。
ちょっと体力もついてきたのでカワイイ女の子がチャリに乗ってると
その横をダッシュで追いかけたり。
いま現在塀の中にいないのが不思議なくらいです。

このきっかけに膝を痛め始めたのでランニングシューズを購入してau Run&Walkを導入。
走ることが少し楽しくなってきました。

10kmレースを意識。
2010年11月末のリレーマラソンで2.1kmを2009年より30秒ほど縮めました。
その後は目標がなんもなくなるわけで太りたくないなぁとダラダラ走ってました。
したら、家の近くにあったBarのマスターに一緒に走ろうと言われ走ることに。
とりあえず2011年4月17日の志摩ロードパーティーにむけてトレーニングを開始。
走る量は少し増えて週に2,3回くらい。
10kmレースということで10kmくらいをとりあえず走るようにする。
ここまで来たら半年くらい走ってるので体力的には申し分ナシに。
きっともっと距離走れるんやろうなーと思いながら時間が勿体無いと思い辞めること多々。

2月の引越しを経て朝に走るようになって大体1km6分弱。速くて5分半弱とか。
10km1時間切れたらいいなーと思ってた。

体が絞れてきた。
志摩ロードパーティでは10kmを43:34で走破。
上り下りの激しいコースだったので下り坂バイアスで出た記録。
記録が出ると楽しくなってくるわけで。
勉強してテストの点数を取るかのごとく喜びですよ。
あと身体が絞れてくるんですね、ずっと走ってると。
鏡の前に立ったらテンション上がるとまた走ろうって思うようになるわけです。

距離を走るようになる。
で、だんだん距離は伸びて来ました。
どこまで走れるんかなーとか思いながら10kmとかは結構頻繁に。
一週間に走る量は相変わらず2,3回。これはマラソン終えるまで変わりませんでした。
仕事が昼から甲子園球場であるってことになって走って出勤。
17kmくらいを試しに走ってみたら膝をいわして仕事にならなかったり。
あ、マラソンなんて走らないんやろうなって思いました。
ハーフで十分やんって。

神戸マラソンに刺激。
2011年市民マラソンブームの波が神戸にも。港町だけに。
会社からも企画として何人か出場して全員完走。
でもそのときのタイムにムムムと思いまして。
「4時間半?あ、これなら楽勝に超えられるわ。今のペースで走れたら。」
人に数字的に勝つことが好きな僕はきっとこれでマラソンを決意したんだと思います。

マラソンに向けて
今までどおりのペースでしっかり週に2,3回走るように意識。
普段走る距離も7km〜15kmとぐっと伸ばしました。水分補給とかもしながら。
でも筋トレは特にしてません。腕に筋肉つけたいと夏場に懸垂はしてましたが。

この間に11月末に明石リレーマラソン、2012年1月には大阪実業団駅伝。
こっちも記録ださなあかんってことでダッシュを多めにしてた時期も。
結果的に全体のスピードをあげるのに役立ったのかもしれません。
2月半ばにトレーニングの最長は30km。
途中から空腹でぶっ倒れそうになったけども、完走できると確信しました。

マラソンを走る意味
そんなこんなで経緯をお伝えしました。
最後まで読んでくれた方には感謝いたします。特になんもないのに。
正直2年ちかくランニングを続けていた自分にとって完走なんて意味のないもんでした。

テレビでよくタレントとか取材されてる人が、周りが、泣いていたりするけれども
走っている人は僕の初マラソンの経験から言わせてもらえれば、
『走るという苦役からの解放に対する嬉し泣き』だったんだと思いました。
『何かを達成したことに対する喜び』もあるかもしれませんが、
苦役からの解放というのが個人的に一番しっくり来ました。
ほんまにアノ雨の中どんだけゼッケン投げ捨ててやろうかと思いましたしね。

ぼくが走っていて一番よかったのは、
『こんなに自分が負けていると全身で感じることができた』
ということです。
仕事で勝ち負けが存在しない職場では負けを感じることなんか直接ないし、
元から負けを見込んでいる勝負にだって負けても何も感じません。
ただ、自分がどんなに力を出しても勝てない悔しさというのを感じて
まだまだ自分の心は燃えてるもんなんだなと感じました。

ありきたりですが沿道の応援は凄かったです。
なんでこの人たちは僕たちを応援するんだろうとただただ考えて走ってました。
雨の中ちっちゃい子とかがレインコートでチョコレートを差し出してくれるなんて。
感謝のみ。
このあたりは地域振興とまたかかわってきそうなので改めて。

いやぁ。それにしても記録が中途半端すぎて困るわね。
posted by ごまみんと at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ごまみんと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

偏見といわれてもしょうがないけどそう思う。

パンばっかり食べてるとなんかイライラするようになったよ、ごまみんとです。なんなんすかね。イースト菌が悪さしてるんですかね。

ちょっと前の電車での話をさせてもらいます。

会社の行きしにいつもどーり阪急に乗ってたんですね。
阪急ってのは結構乗ってる人の品がよくて、
私鉄とかで見る地べたに座ってる人が滅多におりません。
電車の地べたに座らない、それが当たり前なんですけど。

母親2組がそれぞれ子連れで入ってきたんですわ。
子供は2人とも大体10歳くらいで女の子。
頭にお団子を結ってもらってるから、
まぁバレエかなんかの発表にいざ行かんってところだったんでしょう。
母親は母親同士で宝塚歌劇の話を。
子供は子供同士でなんかしゃべってました。
んで、30分くらい立ってたんですけど、電車ん中でね。
子供が「しんどいー」みたいなこと言ったんですよ。

そしたらその母親、「そこに座っとき」って言ったんですね。

なんかもう悲しくなりました。
正味な話ヤンキーみたいな若い子が言うんなら「アホやな」で済むんやけど
見た目もそこそこ金持ってそうなおばちゃんが言うんやからもう、ね。
2人の母親は自分たちの話に必死なわけですよ、ほんと。クズですね。

実はここまでが前振りでこうなってもうた世の中について意見を言いたいんです。

最近の子供のマナーがぶっとんでるのは例外なく親の教育が悪いです。
親がちゃんとしつけを出来れば公共の場のマナーくらいは身につきます。きっと。
出来てないってことは母親がしつけれてないって事なんですね。
じゃあなんで母親がしつけれてないのかって話なんですけど、
これは女性の社会進出と関係があるんですよ。

現在ではボクの生まれた80年代以上に女性の社会進出は進んでおります。
女性自身でお金を稼いでお金を使うことが出来るようになってるんですね。
ここで女性に自我が形成されていくわけです。男性と大差ないほどに。
で、自我が強く形成された女性は結婚、出産を経てもその自我が消えないでいる。
昔みたいに三歩下がって男性の後ろについていた時は消えていたはずの自我が消えてない。
昔の女性はきっと自我を消して子供を育てていた。
でもいまの女性は自分のことが気になるから、昔の日本の女性が注力していたほどには
子供の面倒を見ることに注ぐ時間が減っているんじゃあなかろうか。

親は自分の興味にいく。子供はほったらかし。悪いことしても片手間に怒る。

こういう悪循環が昔に比べて起こりやすくなっているのも考えれるよね。うん。

こんな感じで女性が自立したという社会的背景が子供のマナーにつながってるんじゃないかな。
まぁもちろん男や周りが怒るということが無くなってしまったのも十分問題なんですけど。

にしてもほんと、恥ずかしいと思えないと、人として可哀想よね。


posted by ごまみんと at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非社会派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

Co-working

ランニングに体が浸りすぎてやせまくってます、ごまみんとです。

こっちのブログの放置しすぎ感がやばいのでたまには書かねば。
といいながら、posetrous も既に放置気味。
続きませんねー、相変わらず。
ランニングが続くのもテスト勉強が続くのも、
きっとそれに対する対価ありきだもん。

演劇のイベントもこつこつ進めておりますが、
ほんまに起業するならぼちぼちせなな、と思ってます。
もうすぐ28歳やよ。すんげー。おっとなぁ。

明日の9:30から中崎町に行ってきます。
ま、中崎町に住んでるんだけど。

定期的な更新はPosterousみてくださいな。

こっちね。
posted by ごまみんと at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | すーそくかつどー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

2011年の予定ずら

ぴかぴか(新しい)《 2011/9/15 更新 》ぴかぴか(新しい)

[2011年の目標]
とりあえず秋までに資格を取る。
(日商簿記二級,TOEICある程度)

時間の感覚をしっかりもつようにする。

Androidアプリを開発・公開する。(断念)

[ 9/15 現在 ]
《 短冊ストライプ 》

9/30(金)
『部室さんとBOXくん』開催。

メンバーは地味に募集中。

連絡先はコチラ。
info@tanzaku-stripe.com (ワタナベ)

【イベント】

関西小劇場再構築系イベント「部室さんとBOXくん」

9/30(Fri) Open 18:00 Start 18:30
@Vi-Code(阪急各線中津駅徒歩3分)

学生 Adv. 1,500yen / Door. 2,000yen
一般 Adv. 2,000
yen / Door. 2,500yen
(1Drink込)

[ゲスト]
上田一軒(スクエア)
川内信弥(劇団レトルト内閣)
サリngROCK(突劇金魚)
沢大洋(京都学生演劇祭 発起人)
土橋淳志(A級MissingLink)
永井悠造(隕石少年トースター)
hige(ステージタイガー)
藤原治基(一心寺シアター倶楽)
三名刺繍(劇団レトルト内閣)
安武剛(トイガーデン)
山内直哉(隕石少年トースター)
山崎彬(悪い芝居)

[問い合わせ]
info@tanzaku-stripe.com

[企画]
短冊ストライプ

学生劇団の現役生とそのOBを結ぶイベントです。
OBの方々がテーマに沿ったグループごとに、
くだらんことから学生や演劇に対する熱い想いまでほぼノージャンルで意見を交わします。
また、学生とOBがフラットな場で直接交流することで互いに刺激しあい、
関西の小劇場活性化の一翼を担うような機会をつくれればと考えております。
(※このイベントは学生劇団の現役生および卒業生以外は参加いただけません、ご了承ください。)

【本公演】
未定
【サクゴエ・ラボラトリー】
秘密。

《ごまみんと》
[Stage]

特になし

[WEB]
「育ち続ける等身大ウェブマガジン 84ism(ハチヨンイズム)」
主にトリビアのライターとして活動しています。
掲載記事はコチラ。

25歳は新しい節目、「第二成人式」というイベント
日本ってどのくらい広いの?
26歳のとき偉人たちはなにをしていた?
花粉症と日本の文化
ドキドキの向こう側に…
ハチヨン世代で最大の知名度を誇る横綱・白鵬関

posted by ごまみんと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

深呼吸する惑星

お久しぶりです、ごまみんとです。

基本、Facebookとかしてて
最近、Posterousとかいうのもはじめて、
ますますこっちのblogがなおざりに。
それでも更新しようと思えたので、更新します。

第三舞台、深呼吸する惑星を見てまいりました。
10年間封印と言う形で活動をしていなかった劇団。
今回が封印解除、そして解散公演になります。

僕が芝居を始めたころには既に封印されていて、
その舞台は映像でしか見たことありませんでした。
ただ、繰り返し繰り返しみても心を揺さぶってくる。
本当に、芝居マジカッコイイと思えるんです。

今までに3回、鴻上作品で役者やらしてもらってます。
もちろん、学生がやるんだけれども、答えがないのです。
でも楽しい。意味がわからないのが、楽しい。

今回はじめて見ました。
この目で。この体で。
立ち見のチケットを席が空いたからといって、
3600円プラスで前から二つ目の席で。

ずっと痺れっぱなしでした。
映像で見る感覚が目の前で、ある。
言葉言葉がまさに第三舞台の言葉。
終わった後、客席から離れたくなかった。
そんな芝居を見たのは初めてだった。
ずっと震えてました。足の震えが止まらないんです。
見ている間ずっと。寒いとかじゃなくてね。

言葉にするなら凄いの一言しかない。
真似は出来てもどこも越えられない。
そんな独特の第三舞台という雰囲気がありました。

鴻上尚史さんはロビーでお客さんの入り、帰りを見ていました。
握手ぐらい求めようと思ったらスグでした。
でも、なんかそこでしてしまったら負けな気がして。
ただのファンでしかなくなってしまう自分になるなって。
将来一緒に仕事してやるんだって思ってやめました。
どんな仕事するかはわかんないけど、自分が安くなる気がして。

なんか、エネルギーあふれてます。
ほんとうに、すごい。

大千秋楽。チケット取れることを全力で祈る。


posted by ごまみんと at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | シバイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

お代官様

なんしか4連敗もするなんて思ってなかったよ。友達に飲みに誘われて嬉しい反面、
みんなタバコ吸うから断りました、ごまみんとです。

今日ですね、まぁ正確に言えば昨日なんやけども、



タクシーに乗ってたらパトカーにぱくられました。


続きを読む
posted by ごまみんと at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ごまみんと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。